スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各国のフラリッシュ事情

筆者本人がフラリッシュ暦がそれほど長くなく、フラリッシュ事情に非常に詳しいというわけではないのですが

知ってる範囲で書いてみようと思います。

フラリッシュと一言で言っても、いろんなスタイルがあります。

そのスタイルが、国によって、地域によって、ある程度特色が出たりします。

大まかに分けると

アメリカ・カナダ地域

ヨーロッパ地域

東南アジア

ものすごく大まかにだとこの3つに分かれると思います。

まず、アメリカはやはりDan&Daveの影響が絶大で、若手マジシャン、フラリッシャーからはまさに神のような扱いをされるようです。

実際にアメリカのコンベンションなどに参加した人の話を聞くと、いかにD&Dの影響が大きいかが思い知らされます。

したがって、D&Dのようなカット系フラリッシュをする人が多いように感じます。

ですが、なんといってもフラリッシュ先進国。

層の厚さもすごく、多様なフラリッシャーが存在します。

D&Dのスタッフ、Jordan LappingはD&Dのフラリッシュをほとんどすばらしくうまくこなします。

Garry Aはカナダ出身のフラリッシャーですが、非常に独特なフラリッシュをします。

カット系のみならず、ファン、バランス系も組み込んだ、圧倒的な技術が特徴です。


ヨーロッパ地域

ヨーロッパといっても、またそこで細かくは分かれるのですが

イギリスだとDANIELmadisonの影響が大きいですね。

力強いフラリッシュが多いように思います。

また、フランスやスペインもフラリッシュが非常に盛んで

この2国は独特で独創的なフラリッシュが非常に多いように思います。

とくにスペインはマジックでも独特なタッチの人が多いように、フラリッシュにもそれが当てはまるようです。

THECUSOのAlejandro Portelaはまさにその典型に感じます。

Dimitri Arleri やmiquel もヨーロッパを代表されるフラリッシューで、非常に独特なフラリッシュをします。

とにかくオリジナリティーが強いのがヨーロッパ。


東南アジア地域

なんといってもシンガポール!

TheVirts のHuron, Daren, Kevin の影響は絶大です。

最近活動らしい活動をしていないのが残念ですが、東北地震のときはDVDを販売して募金を募ってくれていました。

東南アジアの特色は、とにかくカット系!!

両手で行うフラリッシュが多いのも特徴です。

また、最近特に目立った活躍をしているのがJaspas。

動画のアップも頻繁で、今のフラリッシュ界を引っ張っていってるかんじがします。

また、東南アジアは、一般のフラリッシャーのレベルがめちゃくちゃに高くて、オフ会みたいな動画をみるだけでも圧倒されます。



日本、韓国、中国も、世界的なフラリッシャーはまだまだ出てはきていませんが、若手を中心に盛り上げってきています。

また、Andrei Jikhはロシア出身のフラリッシャー。ロシアでもフラリッシュが盛んかはわかりませんが・・・

すごく大まかに言うとこんな感じでしょうか?

日本にも日本独特のフラリッシュの雰囲気が出ればおもしろいですね。

スポンサーサイト

この記事へのコメント:

reeclow : 2011/11/24 (木) 19:51:31

日本のフラリッシュはD&Dの系統が一番高いですね。
フラリッシュというとD&Dという人が多いです。

日本ではArs氏が有名ですがD&Dのフラリッシュを軸にしたものが多いので
やはりD&Dの系統ですね。

私がよくやるのはD&DとBrian tudor氏とDe'vo氏をよくやります。
De'vo氏はバランス系やワンハンド系やファン系やカードケースオープナーが
よくやられているので、おそらく今流行のフラリッシュとは一線を画すと思います

De'vo氏の場合はネットをメインにやっているので(場所でいえばドイツとアメリカ)De'vo氏のスタイルは世界中にあります。
superhandzのKickassビデオなどを見るとさまざまな国の人が出ているのがわかります。

ベトナムにはBone ho氏がいますが、そちらもDe'vo氏の系統だと思います。
Andrei Jikh氏はディスプレイやワンハンド系やカット系を行うなど
De'vo氏やシンガポールのフラリッシュをやっている感じがあります

FlourishFAN : 2011/11/24 (木) 20:02:07

reeclow さん

コメントありがとうございます。
そういえば、De'vo氏がいましたね。
De'voを中心としたエクストリーム系はまたかなり独特な進化を遂げていますね。
あちらの大会は、カット系だけでなく、ファンやバランス系など、それぞれのフラリッシュをバランスよく取り入れないと評価されないので、みなさん本当にいろんなことができたりしますね。
そういえば、大会をきちんとした形で行ってるのはエクストリームだけですね。

日本のフラリッシュもずいぶん盛り上がってきました。
DD系だけでなく
オリジナルをのみで動画を作るなど、世界の流れに追いついてきた感じがします。
日本の若者の今後のがんばりに期待しています。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

FlourishFAN

Author:FlourishFAN
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブログリンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。