スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カットの方向(裁断)

カードの使用感を語る上の要素のひとつに、ファローしやすいか、しにくいかというのがあります。

基本的に私たちがフラリッシュに使うカードというのは、そのほとんどがUSPC社製のデックになるわけで、USPC社製のデックでしたら、ファローが極めてやりにくいというのは、非常にまれなことです。

ここではファローのしやすさ、しにくさの話ではなく、カット方向でフラリッシュのやりやすさ、やりにくさがあるかということについて少し書いてみようと思います。

現在のバイシクルをはじめ、主要なデックはフェイスダウンで上からかみ合わせると入りやすいカットが主流になっています。

昔のオールドデックはその逆が主流でした。

その今と逆のカット方法をトラディッショナリーカットなんていったりしますが、このカットの名前が方向すべてのことを言うのか、カットそのものの方法の名前なのかは私も詳しくはございません。

もし詳しいかたがいらっしゃいましたら教えていただけると嬉しいのですが。

昔は、今と逆のカット方向だったため、古くからその技術が完成されていたギャンブリングの世界では、この今と逆のカットでないと都合がわるかったりする技術もあるようで、カットの方向へのこだわりは、マジシャン、フラリッシャーよりも強いです。

ですがギャンブリングする人は決まってBEEにしか興味がないようです(笑)

それではフラリッシャーにとってこのカットの方向はどう影響があるのか・・・

みなさん気にしたことありますか?

カットの方向自体はファローをしてみればすぐに分けると思います。

最近のだと、D&Dのクリップジョイントやビンテージプラッドなんかが旧方向カットだったと思います。
(実物が今手元にないのではっきり確認できませんが・・・)

まず、このカットの違いが最も分かりやすいフラリッシュはドリブルです。

とはいえ、どっちがやりやすい、やりにくいjはそれほど感じませんが、指に伝わる感覚が違います。

やや逆カットのほうがきれいに均等にドリブルしにくいかもしれません。
(見ていて分かるほどではないかもしれません)

また、スプリングも感覚が違ってきます。

これも、見た目はほとんど変わりませんが、逆方向のほうが速度なんかをコントロールしやすいですね。本当にわずかな違いですが。

ドリブルで言えば、アナコンダドリブルはかなり顕著にやりやすさ、やりにくさが出ます。

アナコンダドリブルを練習したことがある方は、フェイスアップとフェイスダウンで、やりやすさがずいぶん違うことに気づいたことがあるのではないでしょうか?

旧方向のカットだと、フェイスダウンでやりやすいです。

カット系のフラリッシュでいうとどうでしょう。

ひっかっかりが逆なせいか、個人的には旧方向のカットは新しいうちは非常にやりにくく感じます。

これは使い込んでるとある程度気にならなくなります。

また、これも分かりにくいのですが、カットの違いでカードのそり方も微妙にちがってきます。

個人的に、ここがイヤな部分で旧方向のカットがあまり好きではないのです。

全体的には私は旧方向のカットがあまり好きではございません。

これはあくまで私個人の意見ですが、カットの方向とフラリッシュの関係を考えたことがある方はぜひその感想をお聞かせいただけると嬉しいです。

マジシャンで、これを強く気にする人はあまりいないのですが、(かなりのスライト上級者でも、あまり気にされる人は少ないとかんじました)、やはりギャンブリングデモンストレーションをされる方はこだわります。

あとピンキーカウントのやりやすさにも多少かかわってくるので、ピンキーカウント多用する実践的なマジシャンはかなりこだわります。

はたしてこのカットの方向を強く意識するフラリッシャーはいるのでしょうか?
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

ましろ : 2012/06/09 (土) 17:43:17

純粋にパーフェクトファロー使う演技、メモライズデックやアンシャッフルなど演技に組み込むときはかなり気になりますね。今のマジックの本だと裏から噛み合わせる方法で覚える人がほとんどです。演技の際にデックをいちいち変えたりしないので同じデックを使いますね。

FlourishFAN : 2012/06/09 (土) 18:06:22

ましろさん

たしかにマジックでもそっち系ではファローを使いますよね。

ですが、より実践的なマジシャンは演技のたびにころころデックを変えないので、あまり方向は気にしないかもしれませんね。

マジックでこの話をしても面白いのですが、フラリッシュとの関係を深く知りたいですね。

bazu : 2012/06/09 (土) 19:13:38

僕はフェイスを上にした状態でアナコンダみたいなのをやるとやりやすかったような気がします。

Beeでやるときは普通に裏を上にした状態でやりやすかった記憶があります。

ちなみに、トランプを落としたりして角が潰れてくるとドリブルがかなり上手く出来なくなります。

FlourishFAN : 2012/06/09 (土) 19:19:42

bazu さん

そうです、それです!

旧カットだと、バックが上でやりやすかったりします。

ドリブル、スプリング以外でカット系フラリッシュではあまり違いを感じないみたいですね・・・

ましろ : 2012/06/10 (日) 19:37:35

ダンアンドデイブのデックも旧カットですね。ギャンブリングもするからなのかな?

FlourishFAN : 2012/06/16 (土) 00:13:31

S&Mシリーズは最近のカット方向ですよ。

でもクリップジョイントなど、ギャンブリング意識してるものは旧カットですね。


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>まとめtyaiました【カットの方向(裁断)】 from まとめwoネタ速neo
カードの使用感を語る上の要素のひとつに、ファローしやすいか、しにくいかというのがあります。基本的に私たちがフラリッシュに使うカードというのは、そのほとんどがUSPC社製のデ >>READ

2012.06.10

プロフィール

FlourishFAN

Author:FlourishFAN
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブログリンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。