スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラリッシュというパフォーマンス

昨日はフラリッシュとマジックについて簡単に書きましたが

今日はフラリッシュがどんなパフォーマンスかを書いてみようと思います。

フラリッシュはマジックと関係が深いですが、マジックと切り離したとき、

フラリッシュはどんな場でパフォーマンスを発揮できるでしょう。

昨日も少し書きましたが、フラリッシュは主に肘より先の動きがほとんどです。

もちろん、それ以外の動きもたくさんありますが、動く範囲はそれほど広くないです。

もともとクロースアップマジック発生のパフォーマンスですので、ステージのような大人数を相手にするには

向かないパフォーマンスだとは思います。

やはり、近距離で見てこそ、そのパフォーマンスのすごさ、面白さを感じることができると思います。

よく、ストリートマジックの客引きにフラリッシュするというお話を聞きます。

非常に有効な手段だとは思いますが、それでは、フラリッシュのみで、ジャグリングのように

手順を組んで、パフォーマンスで観客を魅了できるかというと、やや弱いような気がします。

ただでさえ、普通の人にはわかりにくいフラリッシュのみで、観客を5分、10分見飽きさせないのは、よほど熟練しても難しい気がします。

それでは、もっともフラリッシュがそのパフォーマンスを発揮する場はどこかというと、お気づきでしょうがやはり動画でしょう。

プレイングカードのかっこいいフラリッシュのPVは見るだけでそのデックが欲しくなります。

このかっこいいPVがあるかないかで、そのデックが欲しくなる度はずいぶん変わってくると思います。

wynnデックもD&DがPVで使用しなければ、あれほど絶大な人気が出てなかったような気がします。

また、最近のT11やイリュージョニストのPVの力のいれようは本当にすごいですね。

また、動画でのフラリッシュでいうと、CMでもそのパフォーマンスは発揮されると思います。



こういった企業がCMとのタイアップでどんどんフラリッシュがメディアで見られるようになれば、われわれフラリッシャーには本当にうれしいですね。


スポンサーサイト

この記事へのコメント:

reeclow : 2011/12/02 (金) 17:14:46

やはりフラリッシュは動画の中で一番映えますね。
失敗しても使わなければ問題ないので。
できれば実際に目の前で失敗せずにできるのが一番いいですが、
それもなかなかうまくいきません。

それとフラリッシュがメディアに出すぎて「しつこい」とか「またか」などと思われないように
適度に出すのも大事ですね。
その部分はお笑い芸人に似た部分もありますね。

そもそもマジシャンやフラリッシャーも大まかに言えば芸人かも

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

FlourishFAN

Author:FlourishFAN
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブログリンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。