スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KYは本当にダメなやつなのか?

デックを販売していて、最近非常に多い質問が

「このデックはオハイオ工場製ですか?」

です。

最近あまりのこの質問が多く、少し辟易しております。

まだ、バイシクル、タリホー、アルコについて聞かれるのであれば、それは仕方がないのですが

オハイオ製しか作っていないデック、またはケンタッキー製でしか作っていないデックでもこの質問をされます。

オハイオメイドのデックは、たしかに品質がよいものが多いのは確かです。

また、新工場になって、品質が一時期悪くなったのも事実ですが、オハイオメイドすべてが品質が飛びぬけていいわけではございません。

また、新工場のケンタッキー製(KY製)がすべてにおいて品質が悪いわけではございません。

ですので、自分が気になるデックは、触ってみればいいじゃない!

っと言いたいのです。

そう、あなたの大好きな S&Mシリーズも、V4以降はすべてKY製です!

最近人気の Artifice ももちろんKY製です!

最近発売されたCROWN DECK V2も本当にすばらしい品質です。

また、少し前に発売されてるBee Stingers RedもKY製ですが、品質は非常によいものです。

ただ、生産の方法、特に印刷の方法は全く違うものになっているそうなので、OHIO製とKY製は

間違いなく品質に違いはございます。(よい、悪いは別として)

ですが、KY製すべてが悪いわけではないのです。

ですので、あまり気にする必要はないです。

好きなデザインでしたら、どんどん触ってみましょう!

といいながら、D&Dから、OLD ARRCOが限定発売されました。

当ショップでも扱う予定です。

このアルコはOHIO製のよい部分が非常によく出ているデックです。

トリロジーでも使用頻度が高く、また、ジョーダン ラッピングは非常によく愛用しているデックです。

一週間前後に発売予定です。(700円~750円を予定しております)

arrco-1.jpg



※ 書いた後に気づいたのですが、今でもオハイオメイドが生産されていると思っている人もいるのでしょうね。
   USPC社は生産効率を上げるために工場を元あったオハイオ州からケンタッキー州に完全に移行しております。したがって、今後オハイオメイドのデックが生産されることはございません。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

eli+ : 2012/01/06 (金) 23:57:27

はじめまして。このブログのファンです!
カードもフラリッシュも大好きです!
自分もS&Mのデザインはもちろん、質も気に入ってます。
あと、オハイオのアルコ、すごく楽しみにしてます!

FlourishFAN : 2012/01/07 (土) 01:52:31

eli+ さん

コメントありがとうございます。
オハイオ製のOLD ARRCOは本当にオススメです。
あまり安くはないのですが、触ったことがなければ、
一度触ってみるのをオススメいたします。
特に独特な品質ではないのですが、その耐久性のすばらしさに感動していただけると思います。
昔は安く普通に手に入ったのですが・・・

shimo : 2012/01/07 (土) 10:29:25

アルコ好きの自分としては買わせてもらうかもしれません。
本当に昔は安く買えたんですが。

ちなみにホワイトアルコは新たにプロデュースされたものですけど、
良かったですよ。

FlourishFAN : 2012/01/07 (土) 10:39:58

shimoさん

そう!白アルコの質はかなり気になっています。

全く別に作り、品質にかなりのこだわりがあるそうで、触ってみたいのですが、普段使いにはしなさそうなので、手に入れませんでした。

でも、かなり気になっています(笑)

質がよければ、再度、グリーン、ブラックも再販してほしいとは思っています。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

FlourishFAN

Author:FlourishFAN
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブログリンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。