スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PAPERCUT

先日、Chris Hestnesのことについて少し書きましたが、

彼のフラリッシュDVD「PAPERCUT」の私なりの感想を書いてみようと思います。

まず、世間的な「PAPERCUT」の評判ですが、発売当初はあまりよくなかったです。
(もちろん、よい意見もたくさんありましたが)

批判的な意見としては「簡単すぎる」や「内容が薄い」、「コピーがヘタクソ」というものがほとんどでした。

コピーのことに関しては前回に書きましたので、今回は省きます。

また「内容が薄い」は全くそう思えないので、詳しく書く必要もかんじません。

実際にクリスのフラリッシュは13ものフラリッシュが紹介され、また、ボーナストラックは非常に豪華でした。

これはD&Dプロディースに対する期待値があまりに高かったせいな気がします。

また「簡単すぎる」というのは、たしかに全体的に難易度はそれほど高くはないと感じました。

特にD&Dのフラリッシュをしていた人には余計にそう感じるかもしれません。

ですが、難易度はそれほど高くなくても、かっこいいフラリッシュばかりです。

Revolverなんかは、それほど難しくないのにもかかわらず、非常に独特で、かっこいい動きをします。

個人的な意見ですが、フラリッシュは難易度が高い=よいフラリッシュではないと思います。

このあたりが、いわゆるジャグリングとは違うところではないでしょうか。

シンプルな動きでも、非常に見栄えのよいかっこいいムーブがたくさんあります。

このことに気づかせてくれたことが「PAPERCUT」最大の功績だと思います。

実際、このDVDが発売される前と、後では、フラリッシュの流行が変わったように感じるのです。

今までは、とにかく、早くて複雑な動きを・・・という傾向にあったと思うのですが、

去年の後半あたりからは、動きのスピードより、動きの面白さを見せることに重点を置くようになってきたようにおもうのです。

個人的にこの流れは「PAPERCUT」が作ったのだと思いました。

もちろん、今までも動きの面白さを重視したフラリッシュをする人はいましたが、流れが大きく変わったのが、このDVDの発売だと感じました。

とはいえ、このあたりはかなり個人的な偏見が入っているので、この考えに間違いはないと言いきれるものではございません。

いつか、暇があれば、このフラリッシュの流行について、じっくり研究しても、面白いと思います。

流行の話はさておき、「PAPERCUT」はすばらしいDVDだと思います。

このDVD、見れば見るほどよさを感じます。

D&Dプロデュース初となるフラリッシュDVDとなりましたが、なぜ、クリスだったか・・・

仲のよい友人だったからという以上にもっと深い考えがあってのプロデュースだと思います。
(それは単なる深読みで、実はホントにただ仲がよいから・・・だったら、笑えますが・・・)

実際にクリスのフラリッシュはD&Dのフラリッシュとつながるフラリッシュが本当に多く、D&Dのフラリッシュをやっていたひとは、フラリッシュのバリエーションの幅がぐんと広がるのを感じることができるはずです。

もし、まだ持ってない人がいましたら、次に購入するDVDにぜひ検討してみてください。

スポンサーサイト

この記事へのコメント:

eli+ : 2012/01/08 (日) 16:08:12

確かに、Revolverはかっこいいですねー。
RaccoonとFlicが見事に組み合わせられていて天才かと思いました。

FlourishFAN : 2012/01/08 (日) 16:35:51

eli+ さん

フラリッシュにおける創作も、センスがあると思います。

そういう意味で、クリスのセンスはすごいと思う。

すごいフラリッシュはたくさんあっても、印象に残るフラリッシュってのはなかなかない。

クリスのフラリッシュは印象に強く残ります。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

FlourishFAN

Author:FlourishFAN
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブログリンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。